最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    プレイヤーからの評価の高いカジノ

    ジパングカジノ

    オンラインカジノ界の絶対王者 ジパングカジノ

    数ある日本語対応カジノの中でも随一の対応力・サポート力を誇り、オンラインカジノの絶対王者と呼ぶにふさわしいカジノです。

    ベラジョンカジノ

    プロモーション多彩で遊びやすい ベラジョンカジノ

    複数のソフトウェアのゲームがノーダウンロードで遊べる上に、プロモーションも豊富で非常に遊びやすいカジノです。

    チェリーカジノ

    ギャンブル界の老舗中の老舗 チェリーカジノ

    ラッキーニッキー

    アニメと融合を果たし、どこよりも高い親しみやすさを獲得した ラッキーニッキー

    カジ旅

    オンラインカジノ界唯一のRPG風のシステムを導入している カジ旅

    ジャックポットシティ

    マイクロゲーミング系カジノの筆頭 ジャックポットシティ

    ネットベット

    多種多様なギャンブルを用意してあなたを待つ ネットベット

    オンカジとインカジの違法性の有り無し

    どんなギャンブルが違法ギャンブルにあたるのか

    現在、法律により違法ギャンブルとなるのは、公営ギャンブルを除くギャンブルすべてです。
    公営ギャンブルというのは、競馬、競輪、競艇、オートレースのことですから、これらのギャンブル以外で賭博行為を行うと違法ギャンブルを利用したとして法律によって裁かれてしまうことになります。
    ここで気づく人は、街中でよく見かけるパチンコも違法ギャンブルにあたるのかとそう思うことでしょう。

    実はパチンコは国が認める合法ギャンブルではないのです。
    パチンコは三店方式という運営方式を用いることにより、違法ギャンブルに対して適応される賭博罪にあたらないようにしています。
    賭博罪にあたる条件はいくつかあるのですが、その中でも重要となるのは、日本国内にて賭場が開かれたということと、賭場に胴元、張り子両者が同時に存在していたというこの二点です。

    胴元を取り締まらなければ、いつまでも違法ギャンブルはなくならないので、この条件は胴元側に対して強く働くようになっています。
    パチンコの場合は例外ですが、麻雀の場合は完全にこの賭博罪の条件にあてはまります。
    どれだけレートを低くしても、お金を賭けてしまうとその時点で違法ギャンブルを行ったということになりますので、安全に楽しくギャンブルを行いたいのならば、賭博罪にあたる条件をしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

    どんなギャンブルが違法ギャンブルにあたるのか

    インカジは違法ギャンブル

    カジノギャンブルに興味のある方ならば、オンカジ、インカジという名を見聞きしたことがあるでしょう。
    オンカジとはオンラインカジノの略で、インカジとはインターネットカジノを略したものです。
    正直、その名だけを見ると、どちらも変わりのないオンラインを利用したギャンブルのように思えますが、インカジは違法ギャンブルで、利用したことを知られてしまうと賭博罪の名の下に逮捕されてしまいます。

    インカジが違法ギャンブルとなってしまうのは、先に挙げた賭博罪の条件に当てはまるからです。
    まず、インカジは日本国内にて開かれているギャンブルです。形態はそれぞれに違っていますが、ネットカフェのような個別スペースを設けて運営しているところがほとんどです。
    その個別スペースにはパソコンが用意されていて、そのパソコンにはオンラインカジノのソフトウェアがインストールされています。
    利用者はそのパソコンを利用し、オンラインカジノのゲームでギャンブルを行います。
    そして、胴元、張り子が同時に同じ賭場に存在しているという条件にも当てはまります。
    胴元はインカジで張り子は利用者です。
    利用者はオンラインカジノのゲームでギャンブルを行うために、店側からポイントを購入することになり、ゲームに勝った場合はポイントを現金化し受け取ることになります。
    オンラインカジノのゲームを挟み、このように店側と金銭の受け渡しがあるため、インカジはその存在が発覚次第摘発されてしまいます。

    インカジが登場したのは、今からもう10年以上前のことで、2006年に摘発された京都のゴールドラッシュというインカジは、初めて逮捕者を出したインカジとして今でもその名が語り継がれています。
    ゴールドラッシュは当時、オンカジの安全性を謳い、堂々と営業を行っていました。
    店の外に看板まで出していたそうですから、運営者自体違法行為にあたるとは考えていなかったのかもしれません。
    利用されていたオンラインカジノはフィリピン政府から認可を受けていたところなので、そのオンラインカジノにはまったく不正などはありませんでした。
    しかし、やはり、どれだけ使っているオンラインカジノがどれだけ安全であっても、ゴールドラッシュがそのギャンブルを取り仕切る胴元となり、賭場まで提供していたのですから、違法ギャンブルとして摘発されたのも当然のことでしょう。
    どのような形態であっても、どのような運営方法であっても、インカジは間違いなく違法ギャンブルですので絶対に利用しないよう気をつけましょう。
    インカジは違法ギャンブル

    オンカジの利用は違法にはならない

    インカジでオンラインカジノをプレイすると違法行為となりますが、個人的にパソコンやスマートフォンでオンカジをプレイするのは違法にはなりません。
    オンカジの利用が違法にならないのは、賭博罪の条件に当てはまる部分が一つもないからです。まずなによりもオンカジは海外にて運営されているギャンブルです。

    ギャンブルはサーバーの中で行われますが、そのサーバーも海外にあるので賭場は海外ということになります。
    もちろん運営会社も海外にありますし、オンカジに関わるその他の決済サービス等もすべて海外の会社により海外で運営されています。
    そのため、賭場と胴元は海外、張り子となる利用者は日本国内ということになり賭博罪の条件には当てはまりません。
    パチンコの場合は意図的に賭博罪を避けていますが、結果的にはオンカジもパチンコも同じ立ち位置にあるギャンブルです。

    ただし、オンカジは賭博罪にはならないといっても合法ギャンブルではありませんので、周りを巻き込むような大袈裟な行為をせず、あくまでも個人の楽しみの一つとして利用するようにしましょう。
    オンカジの利用は違法にはならない

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    © 実際にオンラインカジノをプレイしている人の声を聞いてみた 2017-2020

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。