最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    プレイヤーからの評価の高いカジノ

    ジパングカジノ

    オンラインカジノ界の絶対王者 ジパングカジノ

    数ある日本語対応カジノの中でも随一の対応力・サポート力を誇り、オンラインカジノの絶対王者と呼ぶにふさわしいカジノです。

    ベラジョンカジノ

    プロモーション多彩で遊びやすい ベラジョンカジノ

    複数のソフトウェアのゲームがノーダウンロードで遊べる上に、プロモーションも豊富で非常に遊びやすいカジノです。

    チェリーカジノ

    ギャンブル界の老舗中の老舗 チェリーカジノ

    ラッキーニッキー

    アニメと融合を果たし、どこよりも高い親しみやすさを獲得した ラッキーニッキー

    カジ旅

    オンラインカジノ界唯一のRPG風のシステムを導入している カジ旅

    ジャックポットシティ

    マイクロゲーミング系カジノの筆頭 ジャックポットシティ

    ネットベット

    多種多様なギャンブルを用意してあなたを待つ ネットベット

    ブラックジャックで勝つために!

    ブラックジャックは知名度も高くカジノの中でも人気があるゲーム。
    そこまで複雑でもありませんし、需要があるのでどのオンラインカジノでも遊ぶことができます。
    では覚えておきたいルール、オンラインカジノならではの特徴を知っておきましょう。

    絶対に抑えておくべきブラックジャックの基本ルール

    絶対に抑えておくべきブラックジャックの基本ルール

    ブラックジャックの基本ルールは以下の通りです。

    ・プレイヤーとディーラーで対戦する
    ・カードを引いて「21」に近い方が勝ち
    ・「21」を超えると負け

    プレイヤーがベットすると、ディーラーがそれぞれ2枚ずつカードを配ります。
    カード合計が21に近い方が勝つので、まずは自分のカードの数字を足しましょう。
    この時点では2枚しかカードがありませんが、追加でカードを引くことができます。
    カードを引くことを「ヒット」、引かないことを「スタンド」と呼び、どちらか選択することになります。

    数字の合計は21にする必要はなく、プレイヤーとディーラーがカードをオープンしたときに「21に近い方が勝ち」です。
    21を超えると負けとなるので、ヒットするかどうかをしっかり考えて遊ぶようにしましょう。
    ディーラーはヒットするかどうかを選択するわけではなく、「16以下の場合はカードを引く」というルールがあります。
    足した合計が17を超えると、お互いにカードをオープンして勝負していきます。

    トランプの数字の数え方はこのようになっています。

    ・2~10のトランプ→そのままの数字でカウント
    ・11~13の絵柄のついたトランプ→全て10でカウント
    ・1のトランプ→1か11、どちらか好きな方でカウントできる

    1(エース)が出た場合は、1か11のどちらとしても数えることができますが、その他のカードの数は決まっています。
    ちなみに一般的なブラックジャックではジョーカーは使いません。
    ジョーカーを除いた52枚でプレイしていきます。

    少しずつ覚えてOK応用ルール

    少しずつ覚えてOK応用ルール

    ブラックジャックは極端に言えば、「21に近い方が勝ち」、「ヒットとスタンド」の2つさえ覚えておけば遊ぶことができます。
    しかし様々なルールがあるので知っておきましょう。

    ダブルダウン
    掛け金を2倍にできるルールです。
    ベットを終えたあと、カードを引く前に使うことができます。
    逆に言えばカードを引かずに使うことはできません。
    勝負に勝てば最初のベット金額を倍にすることができます。

    スプリット
    最初に配られたカードが同じ数字だったときに使える方法です。
    同じ数字のカードを2つに分け、別々のゲームを進行することができます。
    例えば3が2枚でた場合は合計6とするのではなく、2口に分けてプレイすることができます。

    インシュランス
    こちらは文字通り、保険をかけることができる方法です。
    ベット金額の半分を払う必要がありますが、成功すれば負けてもベットした分が全て戻ってきます。
    ただしディーラーの最初のカードがAでないと使うことができません。
    また、ディーラーのカード合計が21でないとインシュランス分のベットが没収されることになります。

    サレンダー
    こちらはリスクを少なくして降参する方法です。
    持っているカードが分が悪い場合に使うもので、サレンダーすると負けにはなりますが、ベット額の半分が返ってきます。

    オンラインカジノは大きくわけると2つのタイプがある

    オンラインカジノは大きくわけると2つのタイプがある

    オンラインでブラックジャックと言っても、大きく分けると以下の2つのプレイ方法があります。

    ・ビデオブラックジャック
    ・ライブブラックジャック

    ではそれぞれの特徴やメリットなどを説明していきます。

    ビデオブラックジャック
    ビデオは、コンピューターがディーラーとなって対戦する方法です。
    相手はCPUなので知略戦というよりも、プログラムされた情報を元にプレイしてきます。

    感情やクセがなくどんな方法で攻めてくるのか分からない、ミスをすることもないというデメリットがあります。
    ただし、クセがないとは言っても相手はCPUですから、何度も遊んでいると特徴や傾向が分かってくることもあります。

    また、自分のプレイスタイルのクセを見抜かれにくいというメリットがあります。
    表情を読まれることもなく淡々とプレイできるので気楽でもあります。

    ライブブラックジャック
    こちらはライブ中継でプレイする方法です。
    対戦相手のディーラーはもちろん人間ですし、生配信されているのでまるでカジノにいるような臨場感を楽しむことができます。
    ディーラーの顔が見えるのでプレイもしやすく、実際にカジノをするのとさほど変わりません。
    表情を見る、思考を読むといったブラックジャックの醍醐味をそのまま味わうことができます。

    どちらのプレイができるのかはサイトにもよります。
    まだ慣れていない、緊張するというのであればビデオ、本場さながらの緊張感がほしい、駆け引きをしたいのであればライブがおすすめです。

    まとめ

    ブラックジャックは基本的なルールさえ覚えておけば遊ぶことができます。
    応用ルールとして紹介したダブルダウン、スプリット、インシュランス、サレンダーはあくまでサイドルールです。

    オンラインカジノのサイトによって採用されているルールは違いますし、個性もあります。
    どんなルールが適用されているか調べてから遊ぶようにすると安心です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    © 実際にオンラインカジノをプレイしている人の声を聞いてみた 2017-2020

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。